2011年10月04日

放射性物質調査拡大へ…プルトニウム検出で

 東京電力福島第一原発事故で、原発敷地外の土壌から放射性物質のプルトニウムが検出された問題で、中川文部科学相は4日の閣議後の記者会見で、調査範囲を拡大し、より精密に行う考えを明らかにした。

 前回の調査は、今年6、7月に原発周辺100か所で行われ、福島県双葉町、浪江町と飯舘村の計6か所の土壌からプルトニウムが検出された。



★★スポンサードリンク★★


1分エンタメ速報★

世界ニュース速報★

世界ニュース速報(スポーツ)★

日本ニュース速報★

最速経済速報★

世界テクノロジーニュース★




posted by Mr.news at 15:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

故人にノーベル賞、昨年は地元紙が事前報道

 ノーベル生理学・医学賞では、昨年もスウェーデンの地元紙が発表当日朝に受賞者を大々的に報道するなど、2年連続で、賞を権威づけてきた厳格な審査や秘密保持に疑問符がつく結果となった。

 ノーベル賞の科学分野では、各賞の受賞者は最多3人という「枠」がある。競争は激しく、毎回のように僅差で涙をのむ人が出ている。

 それだけに、選考過程では、賞金の半額以上の膨大な費用と1年余りの時間をかけて、候補者の業績が綿密に調べ上げられる。厳正で公正な審査体制と、発表までの徹底した秘密保持こそが、100年以上にわたって世界最高の権威を支え続けてきた。

 今回は、発表前に亡くなった科学者に賞が贈られることになったが、「もし死亡が分かっていたら、別の研究者が受賞していたのでは」という思いも残る。今回の授賞対象の免疫分野では、国際賞の受賞歴や論文引用回数の多さから見ても、大阪大学の審良静男教授(58)が3人目として選出されていてもおかしくない状況だった。



★★スポンサードリンク★★


1分エンタメ速報★

世界ニュース速報★

世界ニュース速報(スポーツ)★

日本ニュース速報★

最速経済速報★

世界テクノロジーニュース★




posted by Mr.news at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーベル財団、故スタインマン氏の授賞変えず

  【ロンドン支局】スウェーデンのノーベル財団は3日、今年のノーベル生理学・医学賞の授賞決定前に亡くなっていたことが分かったラルフ・スタインマン米ロックフェラー大教授について、同賞を贈る決定を取り消さないと発表した。



★★スポンサードリンク★★


1分エンタメ速報★

世界ニュース速報★

世界ニュース速報(スポーツ)★

日本ニュース速報★

最速経済速報★

世界テクノロジーニュース★




posted by Mr.news at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。